1. 総合トップ
  2. 保管例・お客様の声
  3. 保管例・保管提案

保管例・お客様の声

保管例・保管提案

レンタル倉庫にお預けになる荷物には様々な物があるかと思いますが、保管するにあたって荷造りや保管方法はお客様が最も注意すべき点です。
きちんと荷造りされ、きちんと保管されていれば出し入れも非常に簡単ですし保管状態も良好に保たれます。代表的な荷物の荷造り方法や注意すべき点、保管方法をまとめてみましたのでご参考下さい。

ダンボールは良い物を保管するものでサイズを使い分けて

ダンボールは良い物を保管するものでサイズを使い分けて

棚等を用いる場合は例外ですが、ダンボールをそのまま積み重ねる場合は下になるダンボールは加重で潰れてしまう恐れがあります。
ダンボールと言っても実は色々な種類(材質・強度)があります。保管用としてお考えであれば強度のある、良いダンボールの使用をお勧め致します。プラスチック製の保管箱も良いです。たかが箱ですが中身のお荷物を保護する物ですので良いものを選ばれた方が良いでしょう。ダンボールの中には除湿剤や防虫剤等を入れる工夫もしましょう。
使用するサイズは大きい箱には軽い物、小さい箱には重い物を入れ、一人で持てる重さに抑えましょう。重たいものは下にして軽いものを上に置くのが基本です。中に何が入っているのかを、マジック等でしっかり書いておくとあとの整理がグーンと楽になります。
当社でもダンボールの販売をしております。>>詳しくはコチラから

保管は計画的に

保管は計画的に

レンタル倉庫はお荷物を保管する場所です。従いまして人が作業する場所をコンテナボックス内ではあまり考えません。倉庫を目一杯に使った方が上手な使い方と言えます。しかし、目一杯入れるとお荷物の出し入れが大変になります。
そこで重要になるのが何処に何を入れるかを計画的に行う事です。使わないものは奥に、よく使うものは手前に、保管前に配置をよく考えましょう。どこに何が置いてあるかのメモをコンテナボックスのドアの内側に張っておくと便利です。

カビのお話

カビのお話

一般にカビが活動するのは10℃~35℃程度だと言われています。
35℃以上の高温環境では発生は殆ど止まりますが、低温環境の場合は冷蔵庫の中でもカビが生えるように発生が止まるものではありません。従って、温度を下げたからと言ってもカビが生えないと言う訳ではないのです。
逆に温度を上げて高温にしてしまう方が良いのですが、温度を上げればお荷物自体の品質劣化を促進する事になります。空調付倉庫でお荷物を保管する場合でも過信せずに保管方法に工夫をしましょう。
カビの発生を防ぐには余計な養分を与えない事「綺麗に清掃してから保管」や外気を絶つ「圧縮パックを用いる」等をすることが有効的です。

冷蔵庫・洗濯機のトラブル

冷蔵庫・洗濯機のトラブル

お引越やリフォームでの一時利用で冷蔵庫や洗濯機を保管するお客様がいらっしゃいますが、冷蔵庫や洗濯機は中に水分を持っています。またカビ菌が付着している可能性もあります。
十分に対策をしないと水漏れにより水害、カビの拡散で他荷物にも大きな悪影響を与える場合があります。
冷蔵庫は保管する1~2日前に使用を止めて、霜を総て落とした後に食べ物のこぼし等を綺麗に掃除してくさい。
洗濯機も1~2日前には使用を止めてホース内の水も抜いて乾燥させてください。停止前にドラム洗浄等をしておくとカビ菌の拡散を防げます。

ガムテープのお話

ガムテープのお話

ダンボールを閉じるとき、物を束ねるとき、等々テープは色々な用途で使用しますが、実は保管して時間が経つと不具合が起こる場合があります。
ダンボールを閉じる時は透明テープや養生テープ、紙製のガムテープだと経年で剥れてしまいます。接着力が強く丈夫な布製のガムテープをお勧めします。
また、タンスの扉を閉めて固定する・コードを束ねる等で使用する場合、ガムテープで行いますと粘着跡が残ってしまいます。紐で縛る、または養生テープを用いますとテープ跡が残らないのでお勧めです。

代表的荷物の注意事項

テレビ
テレビ

総てを梱包する場合は少ないようです。画面だけはダンボール等で保護すればキズ等がつく心配もさけられます。

箪笥・机・食器棚 等
箪笥・机・食器棚 等

保管家具の中身を出して、ダンボール箱などに梱包して詰めておきましょう。引出しや扉などは養生テープや紐で縛って開かないようにしましょう。

雛人形・五月人形・その他の人形
雛人形・五月人形・その他の人形

無臭の防虫剤、人形専用の防虫剤等を一緒にいれておくといいでしょう。人形の顔などは丁寧に包み、ケースの中では新聞紙などで人形が動かない様に固定するといいでしょう。

食器類
食器類

赤マジックで「壊れ物注意」と明記しましょう。お皿、コップ、お茶碗などは、面倒でも新聞紙で一つ一つ包みましょう。
無理に詰め込んで箱が盛り上がったりすると損壊の原因になります。

衣類
衣類

プラスチックの衣装ケースに保管して頂ければ清潔に衣類を保管して頂けます。(衣装ケースの中に防虫剤等を入れればさらに安心)
丈の長い物や折りたたみたくない物はハンガーBOX等もオススメ!

電子レンジ
電子レンジ

レンジ内は食べ物の飛び散りが必ずあります。そのままにするとカビが発生しますので綺麗に掃除しておくようにしましょう。

書籍
書籍

みかん箱くらいのダンボールに入れて頂ければ余り重すぎることなく安全に保管が出来、取り出す際に大変便利です。(大きなダンボールに書籍を詰め込み過ぎまぎますと危険ですので注意してください)

扇風機、ストーブ(ガス・石油)
扇風機、ストーブ(ガス・石油)

買ったときの箱に入れて保管して頂ければ保管効率UP!!
捨ててしまっている場合はビニール袋をかぶせますと清潔に保てます。
※石油ストーブ内の石油は危険品で保管が出来ません。必ず空にして下さい。

布団
布団

必ず洗濯、天日干しをしておく事。怠るとカビが発生します。また、布団圧縮袋での保管をお勧め致します。清潔に保てるだけばかりか、倉庫の保管効率が大幅にUP!!

棚(スチール・木製)
棚(スチール・木製)

分解して保管するとしないとでは大違いです。面倒くさくても是非分解にチャレンジしてください。(その際ネジ・パーツ等はしっかりビニール袋に入れてなくさないように保管してください)

プライベート倉庫へのお問い合わせは

土・日・祝日もOK! 携帯電話やPHSからOK! 受付時間9:00~17:30 0120-088-087 お問い合わせ

プライベート倉庫では、お客様に最適なレンタル倉庫をご案内しております。

国土交通省認定
優良トランクルーム
関東第345号

物品を収納する為のスペースが安心・安全なサービスを提供できる施設であることをレンタル収納スペース推進協議会が推奨したマークです。