1. 総合トップ
  2. レンタル倉庫アドバイス

レンタル倉庫アドバイス

レンタル倉庫に適した物件

倉庫をご利用になる際、何を基準に探されますか?「屋内保管だから」、「駐車場が完備しているから」、「荷物の出し入れが楽だから」、「料金が安いから」、「自分の家(オフィス)に近いから」等々色々な選択基準があるかと思います。
実際問題、巷には屋内、屋外タイプから空調管理、定温定湿管理デラックスタイプまで様々な倉庫がありタイプにより料金、サービス等もまちまちです。

様々なタイプがあるため、自分に最適なレンタル倉庫を探すのはなかなか難しいのが現状です。
弊社ではお客様の倉庫利用用途をお聞きした上で最適なレンタル倉庫をお勧めさせて頂きます。

レンタル倉庫を探す際に陥りがちなパターン

長年レンタル倉庫業を営んでおりますとお客様がレンタル倉庫の各種タイプを理解しておられていない為、結果割高な料金をお支払いになられているケースを散見致します。ここではお客様が勘違いされたりして陥りがちなレンタル倉庫利用例を纏めてみました。

「自分の家に近い」単にそれだけでレンタル倉庫を決めていませんか?

例えばお引越、建替え、リフォームにおける家財一時保管の場合、「近さ」や「出し入れの自由度」は必要不可欠なものなのでしょうか?

引越、建替え、リフォーム時には大きな荷物を運送しなくてはいけません。結局は引越業者に運送を頼むようになり、引越業者は近県圏内の移動でしたら料金はほとんど変わりません。また、引越し時の一時預かりでお荷物の出し入れを頻繁にしますでしょうか?多くのお客様はまとめて入れて、まとめて出すケースがほとんどです。

このように「近さ」、「出し入れの自由度」はケースによっては必要ない場合があります。不用意なこだわりをもって探されますと不必要な出費にもなります。

「空調管理」は本当に必要でしょうか?

「自分の家(オフィス)の押入代わり」にレンタル倉庫をご利用されるお客様は大抵カビ、さび等を気にされてか空調管理をご希望されます。自分の大切な荷物を預けるわけですからある意味保管環境に拘るのは当然かも知れません。

しかし、カビ・さび等を空調管理で本当に抑制できるでしょうか?長年レンタル倉庫業者としてお客様の荷物をお預してきた私どもと致しましては疑問を感じぜずにはいられません。
本来、カビ、さびの発生条件には温度、湿度、対象物の養分(栄養)状況など様々な要件が重なりあっており単純に空調管理したからといって完全に発生を抑制できるものではないのです(冷蔵庫の中でも場合によってはカビが発生するように)。

当然、空調管理のレンタル倉庫は割高になります。割高な分のメリットを本当に得られるでしょうか?空調管理という言葉に惑わされてしまうと結果高い買い物をしてしまったという事にもなりかねません。

レンタル倉庫利用アドバイス

レンタル倉庫利用アドバイス

そんなことをいっても一般の方々がレンタル倉庫の種類を理解した上で上記の様な点を考慮して最適な倉庫を選ぶのは至難といえます。

弊社は保管環境並びセキュリティー重視の観点から屋内保管を原則に長年レンタル倉庫業を営んできており保管環境に応じた数種類の屋内倉庫を運営しております。長年の経験を活かしお客様のご利用の用途や保管品の明細等をご提示いただければ最適な倉庫をご案内いたします。
また運送が必要な場合も弊社にてオーダー受付可能で、お荷物の受け取りから運送、保管まで全てをトータルコーディネートさせて頂きます。

お電話でのお問い合わせは0120-088-087

お見積もりフォームからの受付
お見積もりフォーム
FAXからの受付
PDFを開く

PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。右のアイコンからダウンロードして下さい(無償)。Adobe Acrobat Readerはアドビシステムズ社の商標です。

Get Adobe Acrobat Reader

国土交通省認定
優良トランクルーム
関東第345号

物品を収納する為のスペースが安心・安全なサービスを提供できる施設であることをレンタル収納スペース推進協議会が推奨したマークです。